〜TIME GOES AROUND〜 2nd

アクセスカウンタ

zoom RSS 150726 丹沢表尾根縦走「ヤビツ峠〜塔ノ岳〜鍋割山」

<<   作成日時 : 2015/08/03 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

人生でこれだけは絶対やらないと決めた、趣味というかお遊びの一つに「山登り」があります。

塔ノ岳山頂にて、masaさんとw
画像


そう!
絶対に山なんか登らないと決めていたのに、、、

今年に入って5月の大山で初登山

このブログには上げなかったけど6月にDBKハイキング部の、第1回「鍋割山で鍋焼きうどんオフ!」

とまあ、なぜか毎月1回は山登りしてますw

ランキングに参加しています。
よろしければ↓をクリックお願いします。


人気ブログランキングへ



山登りの前日は、自転車仲間とデジキューBBQテラス溝の口でBBQでした。
画像

楽しい仲間と肉三昧に酒三昧w
そんなBBQの最中に、今回の登山参加が決まったのです。

で、BBQ帰りの酔っ払いが、酔っ払った勢いでトレランシューズを買ってしまったw
これまでは、近所のスポーツ用品店で買った2,000円のランニングシューズで山登りしてた。
ランシューでも特に不自由はなかったけど、masaさんと二人だけというシチュエイションに防衛飯能w
画像




あけて山登り当日、7時半に秦野駅でmasaさんと合流
ヤビツ峠行のバス停にはすでに長蛇の列が出来ていました。
画像

始発前の臨時バスに多くの人が乗ったので、僕らは始発のバスに座ることが出来ました。

ヤビツ峠へ向かう車窓からは、数名のローディーが軽快にワインディングロードをアタックしている。
そういえば、自転車でヤビツ峠はまだ走ったことが無いや(笑)

8時20分にヤビツ峠に到着
画像


峠にはローディーやランナーそしてトレッカーが沢山w

8時30分にスタート、先ずは旧富士見山荘まで裏ヤビツを下ります。

裏ヤビツを下りながら、masaさんから「火器とか飯は持ってきた?」と聞かれたので、
「一応、袋ラーメンもってきてます」と答えた。
そして『でもラーメンを作る水は無いですが・・・』と心の中でつぶやいといたw
画像

ここを菩提峠方面へ左折して、いよいよ本格的にトレッキングの始まりです。
ガーミンのランニングウォッチの誤差は1キロw
画像

舗装路と別れて二ノ塔への階段登りが始まる。
画像

二ノ塔まではきつい登り、すでに汗が滝のように流れ出てきますw、
道がガレてくると周りが開けてくる。
画像

後ろを振り返ると大山の雄姿!
画像

二ノ塔には9時31分についた。
登り始めてジャスト1時間。
画像

ここで休憩タイム

masaさんから「須黒くん、水どんくらい持ってきた?」
須黒 「えっ?1Lです・・・」
masa 「・・・すでに500mlのペット半分飲んでんじゃん」

山を完全に舐めてますな・・・僕w
夏場は大人一人2Lの水を飲まなくちゃいけないらしいです。

幸いmasaさんが合計3Lの水を持っていたので、シェアしてもらえる事に。
スミマセン

ということで、何が何でも、予定行程どおり、鍋割山の鍋焼きうどんまでたどり着かないといけなくなってしまいました。

次の目標の三ノ塔までは約15分
画像

ここからは表尾根の稜線をつないで行きます。

時折視界が開けたところで立ち止まっては写真を撮り
画像

こんな風景が目の前に広がり、下から吹いてくる風が心地いい!
画像

9時50分に三ノ塔到着
首から提げたタオルを絞ると汗が滴る滴る(笑)
画像

次は眼下に見える鳥尾山
画像

にある鳥尾山山荘のカキ氷が目標w

これから僕らが進む稜線がはっきり見える!
三ノ塔から鳥尾山へは一旦そうとう下って登りかえします。
画像

10時18分鳥尾山、カキ氷はもう目の前!!
画像

がっ!カキ氷はすでに終わっていました・・・

仕方が無いのでビールw
画像


昨日、下から2貫持って上がったが、この暑さで2日目には溶けてしまったそうで、山では水も氷も貴重なんですね。

鳥尾山から行者岳までは結構エグイ道になります。
画像

10時45分、行者岳、ここは狭く視界も開けてないので新大日を目指します。
画像

行者岳から新大日までは数箇所鎖場を下ります。
画像

初体験の鎖場
やっぱチョット怖いねw
自分高所恐怖症なもんで、、、
画像

画像

行者岳から新大日への登り
下っては登っての繰り返しで疲れてきて、ペースが落ちてきてます。
画像

11時19分、標高1340mの新大日
ここで小休止し、次なる目標は木ノ又山荘の「かき氷」
画像

新大日から木ノ又大日の間
一部の方には有名なトレッキングシューズのソールw
画像

ホント何故こんなところに??

11時33分、木ノ又山荘に着いた!
カキ氷あるぜ!!
画像

400円の貴重なレモンのカキ氷が、疲れた体に染み入りつくづく美味い!
画像

ここまで氷を運んでくれる歩荷さんに感謝ですね(笑)

カキ氷のあとは本日の最高峰、塔ノ岳を目指します。
でも、山頂は真っ白な世界の予感・・・orz
画像

一旦下って
画像

登り返し
なかなか着かないね
画像

12時02分、登り始めて3時間半、山頂はそれほどガスってない!
画像

標高1491m塔ノ岳にやっと到着
画像

塔ノ岳から丹沢主脈&主稜線がみえた。
画像

masaさんから、秋にこの稜線を縦走しようと提案された。
今日より大変そうだけど・・・「行きましょう!」と返事をした。

ラーメンを作る水が無いので、休憩もそこそこに鍋割山の鍋焼きうどんを目指します。

金冷シまでの下りで、よろけた瞬間に左の脹脛がピキッときた!
たまらず右足に体重をかけた瞬間右の脹脛もピキっ!!
あぁ両足攣っちゃったよw
画像

汗をかきまくって塩分出まくったからだね、、、
masaさんから山ビル対策用の食塩をいただき、口に含む。

人間の体って現金なもんで復活w
汗っかきはホント塩分対策は必須ですね(笑)

金冷シから大丸、小丸、そして鍋割山へ
画像

ブナ林の道は涼しく癒されます。
画像

前回は雲の中の幻想的な空間だったけど、こんな景色だったんだ!
画像

チョット感動ですw

鍋割山荘が見えた!もう腹減りはマックス状態!
前回はここ鍋割山も真っ白な世界だったけど、今日は絶景と
画像

鍋焼きうどん@1,000円がお出迎えw
画像

ここまで来た苦労とかを抜きにしても、具沢山でホントに美味しい!
山の上でこのコスパは素晴らしいですね(笑)
しっかりスープまで飲み干して塩分補給はバッチリw

この日の鍋割山はトレッカーが少なく僕らが二人締め状態!
画像


鍋割山からの下りは、かなりハイペース
トレランシューズ買っといて良かった、このペースでランニングシューズだったら確実に滑って転んでたよw

下りでものどが渇くw
画像


後沢乗越から稜線を外れて沢筋にくだり、
途中の小さな滝で顔を洗い、タオルを冷たい水に浸す
キモチイイw
画像

この橋を渡ると
画像

大倉バス停まで約6キロの西沢林道、だらだらとチョット退屈な林道ですw

林道を抜けると、僕らが右から左へと歩いてきた稜線が見えた!
画像

15時50分、大倉バス停に着いた。
バスに乗り込みビールで乾杯!

masaさんありがとうございました。
疲れたけど楽しい山行でした!



画像

歩行距離:19.9キロ
後日筋肉痛はありませんでした(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も人生でこれだけは絶対やらないと決めた趣味が「自転車」と「マラソン」
岡田@隊長
2015/08/03 20:56
岡田@隊長

これまで食わず嫌いで一度も食べたこと無かったけど「食わず嫌い王決定戦」に出て食べてみたら、意外と食べれちゃった感じですね(笑)
須黒
2015/08/04 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

150726 丹沢表尾根縦走「ヤビツ峠〜塔ノ岳〜鍋割山」 〜TIME GOES AROUND〜 2nd/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる